←  BGMが邪魔と考える方は■で止めてください

                        トップ | おじんのつぶやき | ぶらりわが街 | 半生の一こま | 熟年夫婦ドライブ紀行 

 宗教・仏教・道元


「おじんのつぶやき」のカテゴリーの多くを占領するようになってしまった。カテゴリーを独立させてみる。
おじんとの二つのカテゴリーのタネが続くかどうかは保障がないが、今の段階ではこの分野に大きな可能性を感じている。
第70号からが独立ページで、それ以前の号は、「おじんのつぶやき」カテゴリーで続けていたものである。
   2014年(平成26年)
                宗教・仏教・道元 全般          
166.空と縁起-その現代的意義をめぐって(3.26) 165.自分の機根(3.17)
   2013年(平成25年)
                宗教・仏教・道元 全般          
164.あらためて「宗教」とはー2(11.24) 158.『倶舎論』という森の前に立って(7.30) 152.平成25年度、三鷹生涯学習講座(3.26)
163.あらためて「宗教」とはー1(11.24) 157.『大乗起信論』について(7.23) 151.華厳思想をもっと理解したい(3.6)
162.仏教学学習途上での混沌(10.8)   156.仏教における「秘密」、「神秘」(7.18)   150.和辻哲郎による道元・親鸞の「慈悲」(2.4)
161.すべてが「あって」諸行「無」常を証明(9.5)  155.仏教を廻る現在の心境(7.3) 149.いろいろな気づき2題(1.14)   
160.アビダルマの周辺ー2(9.2) 154.仏教についての今の想い(4.18) 148.哲学・思想・倫理、そして宗教(仏教)(1.11)
159.顕説と密意(8.12)   153.たまげたランキング(4.1)   147.いろいろ書いてるが題未定(1.14)   
   2012年(平成24年)
                宗教・仏教・道元 全般          
146.歴史認識の陥りやすい誤謬(12.22) 141.親鸞の衝撃(5.6) 136.六波羅蜜と般若波羅蜜(2.12)  
145.再び三度(みたび)「現成公案」冒頭(8.11)   140.文殊師利と善財童子の出会い(4.14) 135.二冊の対話本U:『利他』(1.23)
144.ひろさちやの公開講座を聞いて(8.10) 139.般若波羅蜜と六波羅蜜(4.7)  134.二冊の対話本T:『親鸞と道元』(1.20)
143.浄土教域への学際拡大(7.15) 138.武蔵野大学オムニバス講座を終えて(4.3) 133.私は何をどうしようとしているのか(1.8) 
142.仏教関係講座を受講していてのつぶやき(7.2)   137.仏教理解への道程(3.25)
   2011年(平成23年)
                宗教・仏教・道元 全般          
132.私にとっての仏教は「実践哲学」(11.18) 128.閑話・間話(9.18) 124.道元禅と哲学に関する随想ー2(2.5)
131.大乗への距離の縮小(2)(10.10)   127.二乗、三乗、そして一仏乗(8.21) 123.道元禅と哲学に関する随想ー1(2.3)   
130.大乗への距離の縮小(10.8) 126.「正法眼蔵」で読む「こころ」(8.1)  122.道元、ブッダ、哲学(1.7)  
129.混沌、我が仏教観(9.27)       125.私の仏教観の位置づけ(3.7)
   2010年(平成22年)
           宗教・仏教全般           道元関連・正法眼蔵関連
121.「最初の仏教」の周辺(12.22) 117.宇賀神について(7.14)   119.宗教・仏教・道元・哲学・独仏(10.18)  
120.純粋仏教(10.26)   116.私の実家は代々神道(4.23)  
118.原初経典で精神充足(8.26)
115.立松和平を悼む(3.14)     
   2009年(平成21年)
           宗教・仏教全般           道元関連・正法眼蔵関連
112.小沢一郎の仏教観(11.18) 104.輪廻転生を考える(3.14)   114.遇一行修一行(ぐういちぎょうしゅいちぎょう)(12.18)  
111.『般若心経』考(11.8)   101.「宗教・仏教・道元」をめぐる最近(1.19)   113.私の「宗教・仏教・道元」観(12.18)  
110.テーラワーダ仏教(10.12)   106.大哲学者 道元(4.3)  
109.まず無常について(8.6)   105.道元の語られ方(3.22) 
108.「生かされている私」という言葉(7.28)   103.『正法眼蔵』の言語表現について(3.8)
107,人は生きてきたように死んでいく(7.10)   102.正法眼蔵入門(1.24)   
   2008年(平成20年)
           宗教・仏教全般           道元関連・正法眼蔵関連
100.コラム 私は私の読書術(7.25) 95.仏教の人間観(4.18)  
99.日本人宗教観の実情と私の求める仏教思想(7.12) 94.仏教とこころの病気、自死(4.8)    
98.葬式仏教と思想仏教(6.26) 93.最近の仏教関係関心事(3.18)    
97.業、輪廻論をいかに克服するか(6.2)   92.世親と龍樹と(2.7)  
96.混迷を極める私における仏教(5.13)
91.「唯識」の前に「唯心論」(1.14)      
   2007年(平成19年)
           宗教・仏教全般           道元関連・正法眼蔵関連
90.煩悩(12.20)   81.お経、般若心経について(7.24)  88.「現成公案」冒頭から抜け出せない(11.5)
89.「煩悩」から唯識の世界へ(12.15) 80.現段階での宗教・仏教・道元(7.11)  78.現成公案 U(6.3) 
87.まえがき等にみる仏教概観 W.(10.26) 79.「仏教とはなにか」への立ち戻り(6.28)  77.現成公案(げんじょうこうあん)(4.30)
86.まえがき等にみる仏教概観 V(10.6) 76.3人の仏教者、仏教学者の著作(4.17)  74.眼横鼻直と空手還郷(3.15)
85.まえがき等にみる仏教概観 U(9.20) 75.「公案」、なんともいえぬ世界(3.31)  72.道元を読むということ(2.15)
84.まえがき等にみる仏教概観 T(9.2)  73.不立文字・経外別伝(3.3) 70.道元がさらに私をいざなう(1.7)
83.私の今は小乗仏教者?(8.23) 71.もう一度 宗教→仏教→道元(1.21)
82.仏教再発見中の私の今(8.8)
   2006年(平成18年)
    宗教・仏教全般     道元関連    正法眼蔵関連
50.私における「仏教」の現段階(2.24) 69.道元について思っていること U(12.17) 67.正法眼蔵の全貌(11.28)
68.道元について思っていること(12.5) 66.とにかく正法眼蔵(11.19)
55.良寛の詩歌(7.7) 63.正法眼蔵随聞記 W 執するな(10.7)
54.「佗は是れ吾れにあらず」(6.28) 61.正法眼蔵随聞記 V 卑下するな(9.8)
53.良寛・道元にせまる : 良寛T(6.12) 60.正法眼蔵随聞記 U 自己を知る(9.8)
59.正法眼蔵随聞記 T(8.11)
58.「正法眼蔵」は何故魅力的なのだろう(7.31)
   2005年(平成17年)
    宗教全般     仏教関連    道元関連
32.宗教関係述懐四題(7.19) 19.仏教と仏教系の諸教団(4.26) 31.良寛さんのイメージ(7.9)
27.私は宗教に何を求める?(6.17) 18.仏教宗派と葬儀の進め方(4.22) 11.「而今」(3.7)
22.いずのみたまをさきはえたまえ(5.17) 14.あの世の方(ほう)が近づいた(3.25)